ストーカー被害の種類

お問い合わせはこちら

ブログ

ストーカー被害の種類

2020/08/12

ストーカーの被害は様々な種類があります。

そもそもどういった理由でストーカー行為は起きるのでしょうか。

原因は様々かと思いますが、その理由の一つに『やきもち・僻み』というものがあります。

自分の気持ちを理解してくれない反面その人を諦めきれないという気持ちから、何とか理解されようという心理で動いてしまうという原因があります。

 

では、ストーカーの種類はどういったものがあるのでしょうか。

一番多いのは「つきまとい・待ち伏せ行為」です。

住まいや勤務先などで待ち伏せする行為や、監視していることを告げてくるような行為(手書きのメモを郵便受けに入れる・自分の行動を記録したものを送ってくる、など)がこれにあたります。

次に、無言の電話が多いです。

いくら拒否にしても別の電話番号から頻繁に電話をかけてくることがあります。

他にも迷惑行為と捉えられるような行為全般をストーカー行為と呼んでいますが、

被害者の気持ちが一番大事な点となりますので、誰かに相談したいという気持ちは押し込めずに、身近な人に声をかけてみてください。

 

電話でのご相談はこちら